「今の防水業界がこれでいいのか」「いい仕事をすること、社会的貢献をすることと、防水工事で利益をあげることは両立すべきだ」と考えるあなたに!

2016年5月14号(№294)

2016年5月14号(№294) 画像の説明

 

2016年 皐月さつき平成28年、昭和91年、大正105年、明治149年

画像の説明画像の説明

ウレタン防水材 2016年 第1四半期出荷量

画像の説明

2016年1~3月は12,869トンで、前年比95.0%
日本ウレタン建材工業会(NUK)はこのほど、2016年第1四半期(1~3月)の防水材をはじめとする、ウレタン建材の出荷量を発表した。>>つづきを読む

平成28年度 日本シーリング材工業会第53回通常総会

画像の説明

新会長に巌利彦氏(横浜ゴム)
JSIS日本シーリング材工業会は平成28年4月26日、東京・銀座の銀座東武ホテルで第53回通常総会を開催した。
>>つづきを読む

絵日記

画像の説明画像の説明

新着ニュース

2016/05/10 防水材、屋根材出荷量new
2016/05/08 わが国シーリング工事の歴史がここに 3new
2016/05/08 水の上の草屋根の家new
2016/05/07 由利公正のことnew
2016/05/06 6月12日 戸隠で第7回茅葺きフォーラムnew
2016/05/06 ピンクマロニエnew
2016/05/05 屋上鉄道銀座線
2016/05/04 ウレタン防水材 2016年 第1四半期出荷量
2016/05/03 何の屋根
2016/05/01 わが国シーリング工事の歴史がここに 2
2016/04/27 平成28年度 日本シーリング材工業会第53回通常総会
2016/04/26 カプセル保存のカギを握る防水
2016/04/25 近代防水前夜の巨大プロジェクト
2016/04/25 未だ戦後のにおいが残る銀座界隈
2016/04/24 「施工と管理」銅屋根クロニクル-33-
2016/04/20 2016年の本日は「穀雨(こくう)」
2016/04/19 熊本地震の被災地の、ドローン動画を公開
2016/04/18 インドネシアの小さな機関車たち
2016/04/17 建築学会創立130周年記念特集号の中の「防水とシーリング」
2016/04/14 中銀カプセルタワー
2016/04/14 東京銀座数寄屋橋に屋上庭園誕生
2016/04/13 淀橋浄水場跡地のバタフライ弁
2016/04/10 JWMA(日本防水材料連合会) 2015年施工実績
2016/04/09 今日は旧暦ひな祭り 2016.4.9
2016/04/08 ミツバアケビの水滴
2016/04/05 「霞が関合同庁舎3号館屋上庭園」公開
2016/04/03 4月2日 東京下町桜の名所でパークぺインティング
2016/04/03 公共建築工事標準仕様書等を3年ぶりに改定
2016/04/02 「施工と管理」銅屋根クロニクル-32-
2016/04/01 全国の板金屋根屋が京都に集結
2016/03/31 タイル張り外壁の調査方法と浮き等処理率指標の実際
2016/03/29 金戒光明寺の山門と桜
2016/03/28 岡崎神社(京都)
2016/03/27 ここにも「日本最古のアスファルト舗装道路」
2016/03/26 浦上天主堂
2016/03/23 輿石研1年間の活動と修士4論文の発表
2016/03/21 長崎の賑やかな屋根
2016/03/20 日本最古の7階建てRC造高層集合住宅
2016/03/19 「奥のみず道」第9回はギルガメッシュ叙事詩と防水
2016/03/19 軍艦島のアスファルトルーフィング
2016/03/19 花と屋根 紫木蓮
2016/03/18 わが国シーリング工事の歴史がここに
2016/03/17 これが日本初のRC橋
2016/03/15 「ちはやふる」映画化に喜ぶルーファー
2016/03/14 懸想文売りの神社
2016/03/12 日本最古のRC橋
2016/03/11 銀座の貴重な鉄道写真など
2016/03/11 2016年3月11日
2016/03/08 雨水(あまみず)活用で建築学会が講習会

 :
以前の更新情報はこちらをクリック!


わが国シーリング工事の歴史がここに 2

資料第四號
マサル「四十年の歩み」と「50年の記録」

ルーフネットのアーカイブ・防水の歴史資料館の資料第四号として、「マサルの歴史が我が国シーリング工事の歴史である」と言われる㈱マサルの40年史を取り上げている。2回目の今回は昭和32年頃の記録である「第1章創業期」のあらましを紹介する。

画像の説明

マサル四十年の歩み(2)

(画像をクリックすると拡大します。)

第1章の目次

画像の説明

画像の説明

昭和30年、日本はまだ戦後復興途上であった。住宅の大量供給を目的に日本住宅公団が設立された。2階建てPC住宅が試作され、外壁目地に油性コーキングが、屋根防水にはゴムアスが使用された。

油性コーキングはすでに昭和20年代後半に米国製の「バルカテックス」が輸入されていた。最初に国産化に成功したのは昭和化工(エバーシール)で、後発メーカーが続き、油性コーキング全盛の時代が訪れる。マサルはまさに高度経済成長と新しい技術が次々現われる時代に旗揚げした。

「マサル設立前夜」の章では創業者苅谷勝氏の独立、いとこの苅谷廣見氏とのかかわり、中外商工での技術習得の様子が書かれている。

画像の説明

画像の説明

苅谷廣見氏の写真、昭和化工の下請け時代、昭和32年資本金50万円、29歳の苅谷勝社長の出発。創業時の経営基盤となった公団住宅の補修工事、モルタル防水からアスファルト防水への屋根防水の転換、創業時の経営状況など。

当時の50万円の価値も書かれている。昭和化工の油性コーキング一缶の卸値が8,900円で、マサルの大卒初任給とほぼ同じ。昭和32年度の公務員の初任給が9,200円。銀行の大卒では12,000円。国鉄初乗り10円だった。

創業時の社員。昭和29年操上弘昌氏の入社、㈱マサルの最大の特徴である、職方の協力体制。そして会社設立直後の苅谷勝氏の緊急入院による危機と、社長代行を務めた山本三郎氏の奮闘などが記録されている。

(続く)

2016/05/01(日) 00:30:19|ARCHIVES|


「BOUSUIデジタルアーカイブ」防水歴史図書館

我が国の防水の歴史を考察する上でどうしても欠かすことのできない文献が何冊かあります。
防水歴史図書館(BOUSUIデジタルアーカイブ)では、そんな文献を1冊ずつ選び、本が書かれた当時の様子、おもな内容、その本のどこが「すごい」のか、現在生きる人たちにとって、どんな価値があるのか、それぞれの資料を担当するキュレーターが、時には執筆関係者への取材を交えて、分かりやすく解説します。

  • 主な収録項目

特集ページ


本サイトの内容の無断転載、および無断利用を禁じます。

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional