「今の防水業界がこれでいいのか」「いい仕事をすること、社会的貢献をすることと、防水工事で利益をあげることは両立すべきだ」と考えるあなたに!

FrontPage

2018年10月2日号(№412) 
kagenn

2018年 かんなづき神無月平成30年、昭和93年、大正107年、明治151年

画像の説明画像の説明

NPOリ協が第16回管理組合セミナー

画像の説明

長期修繕計画とは? 注意点は? 効果的な利用法? 質問なんでもOK
NPO法人リニューアル技術開発協会(望月重美会長)は2018年10月27日、東京・京橋の住宅あんしん保証6階会議室で、管理組合向けセミナーを実施、長期修繕計画のポイントをわかりやすく解説する。>>つづきを読む

高池葉子氏の「石と屋根」東京・京都で展示

画像の説明

東京展は9月23日まで
高池葉子さん(高池葉子建築設計事務所)の作品「石と屋根 小さなホテルとワイナリー」がSDレビュー2018入選。9月23日(日)まで東京で展示されている。>>つづきを読む

ガイアの夜明け に 柿崎 隆志さん

画像の説明

TV東京「ガイアの夜明け」 CFロープの耐震補強
隈研吾の「あやとり」と戸建て住宅
2018年9月18日 放送 第832回「日経スペシャル ガイアの夜明け」~地震に負けない!革新技術~に、柿崎隆志(有限会社 オフィス トゥー・ワン)さんが、出ていた。>>つづきを読む

絵日記

画像の説明画像の説明

新着ニュース

2018/09/23 鶴川絵日記 秋分のシュウメイギク
2018/09/22 NPOリ協が第16回管理組合セミナー
2018/09/22 きんもくせい
2018/09/20 高池葉子氏の「石と屋根」東京・京都で展示
2018/09/20 ガイアの夜明け に 柿崎 隆志さん
2018/09/18 JADAが国内初の建築ドローン安全教育講習会実施
2018/09/13 「奥のみず道」第18回は雨漏り三博士のお話し
2018/09/11 「多能工モデル事業」の支援対象9案件を選定
2018/09/09 優秀卒業論文・優秀修士論文を表彰
2018/09/09 重陽の節句
2018/09/08 松本洋一さん追悼文集
2018/09/08 バベルの塔のモデルとなったジグラット
2018/09/08 鶴川絵日記 29180908 白露
2018/09/07 PD 建築防水の改修工事における現状と将来
2018/09/04 学会大会で防水アーカイブズに関する研究発表
2018/09/03 世界初?ウレタン防水材のストラップ
2018/08/31 DATSUN 1600
2018/08/31 木は育つ
2018/08/28 道路メンテナンス年報 公表
2018/08/28 過疎地域等におけるドローンを使用した配送実用化推進地域
2018/08/24 AIJ講習会「建築地下外防水の設計と施工の考え方」
2018/08/23 建築学会大会(仙台)情報 ③ RN関連プログラム
2018/08/22 国宝・比叡山延暦寺 根本中堂 屋根改修
2018/08/22 祇園閣
2018/08/19 新刊 雨仕舞のはなし
2018/08/19 長岡天満宮
2018/08/15 「茅採取」が文化庁の選定保存技術に選定
2018/08/11 第15回「マンションの給排水設備改修工事 その3(改修工事編)
2018/08/11 ものづくり・匠の技の祭典2018 in東京
2018/08/11 側溝ガーデン
2018/08/11 暑中お見舞い申し上げます
2018/08/10 2018年度「金属屋根工事技士」技術審査
2018/08/10 建築学会大会(仙台)情報 ② RN関連プログラム
2018/08/07 2018年 立秋
2018/08/07 2018年8月7日
2018/08/06 『ものづくり・匠の技の祭典 2018』
2018/08/04 屋上庭園にはヤギ型草刈り機はいかが?
2018/08/02 2018年1~6月 ウレタン防水材出荷量
2018/08/02 建築学会大会(仙台) 防水PDは9月4日9:15~
2018/08/02 平成30年八月一日 八朔、水の日
2018/08/01 第17回 金属サイディング 施工例フォトコンテスト
2018/07/30 国交省がマンション管理業者55社に是正指導
2018/07/29 「施工と管理」銅屋根クロニクル-56-
2018/07/25 戸建て屋根材は金属が42.2%
2018/07/25 屋根の上の屋根の上の屋根
2018/07/23 建築物へのドローンの安全活用で初の講習会
2018/07/22 霞が関の屋上庭園でヤギが草を食む
2018/07/21 新潟と滋賀(越と近江)をつなぐ
2018/07/20 越の国の石油とアスファルト記念館(1)
2018/07/16 第2回 雨水検定
2018/07/15 いらっしゃいませの茅葺き屋根
2018/07/13 信州小谷(おたり)の職人芸 茅葺き職人編
2018/07/13 平成30年度建設投資見通し
2018/07/11 近江神宮燃水祭 平成30年7月5日 式次第
2018/07/10 大山 大神山神社奥宮
2018/07/10 平成29年度建築物リフォーム・リニューアル調査報告
2018/07/10 大山 下神神社
2018/07/08 新潟県歴史博物館
2018/07/07 「燃ゆる土」初めて奉献
2018/07/03 奥山化工業 創業100周年記念誌
2018/06/30 平成30年 近江神宮燃水祭
2018/06/30 大山寺(鳥取県)
2018/06/29 エフロマニア⑧
2018/06/28 「施工と管理」銅屋根クロニクル-55-
2018/06/28 おかげさまで400号
2018/06/27 400号によせて
 :
以前の更新情報はこちらをクリック!


JADAが国内初の建築ドローン安全教育講習会実施

80名に講習修了証
第1回建築ドローン安全教育講習会

448会場

一般社団法人 日本建築ドローン協会・JADA(Japan Architectural Drone Association)は、2018年9月14日、東京・神田の情報オアシス神田セミナーハウスで、このほど完成した「建築物へのドローン活用のための安全マニュアル」を基に、第1回 建築ドローン安全教育講習会を開催した。建築を対象にドローンの安全運航に関する(本格的な)セミナーが行われるのは国内では初めて。

448取り組み

一般社団法人日本建築ドローン協会は、建築分野においてドローンを活用するための人材育成,技術支援,そして標準化と普及を目的として,2017年9月1日に設立、建築分野とドローン分野による技術を融合めざし,産官学連携による公正・中立な立場で活動を行ってきた。このほど、当面の最重要課題と位置付けていた安全管理のためのマニュアルが、日本建設業連合会、住宅生産団体連合会、住宅瑕疵担保責任保険協会、ロングライフビル推進協会、日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、日本ドローンコンソーシアム(JDC)、日本ドローン無線協会(JDRI)などの協力を得て完成したことから、同マニュアルをテキストに本日のセミナーを実施した。

取り組み
建築物の調査における要求事項と優先事項。
(画像をクリックすると拡大します。)

当日は講義終了後、15時半から行われた考査をへて、80名に受講修了証が交付された。建築ドローン安全教育講習修了証の有効期間は2年(今回の講習での更新期限は2021年3月31日)で、更新講習を経て更新される。

T448マニュアル写真

建設業界において、ドローンを活用した施工管理、構造物点検、災害調査等、様々な分野での活用が始まっており、建築分野内外に関わらず様々な業界からの参入が見込まれている。一方、航空法等の法的要因、気象要因、機体安全性、飛行技術等だけでなく、人口集中地区での飛行、建築特有のプライバシー・騒音問題等、建物周りで飛行させるための安全対策が必要となっている。

そこで、建築分野におけるドローン技術と安全運用の習得、そして建物の施工管理及び点検調査の実務においてドローンを安全に活用可能な技術者の育成を目的とした「建築物へのドローン活用のための安全マニュアル」を作成し、講習会等を通してドローンの活用の普及を促すことを目的に、建築物の施工管理、点検調査等におけるドローンの活用と安全管理に携わる者を対象に、本日の第1回 建築ドローン安全教育講習会開催に至った。

対象は建築物の施工管理、点検調査等におけるドローンの活用と安全管理に携わる人で、年齢20歳以上、資格・経験は不問)。講習内容はドローンの概論、法律、ドローン技術と安全運用、ドローンを活用した建築物の施工管理、点検調査等における安全対策など。

今後、2019年1月頃:建築ドローン技術セミナー(大阪)第2回建築ドローン安全教育講習会(大阪)3月頃:第3回建築ドローン安全教育講習会(東京)4月以降:第4回建築ドローン安全教育講習会(東京)を予定している。特に来期は、ドローンインスペクションモデルの講習を計画しており、これがJADAのセミナーの目玉になりそうである。

「建築物へのドローン活用のための安全マニュアル」は、建築物を対象としてドローンを安全に運用するために、技術編‣実用編の二部構成となっていて、各編の内容は以下の通り。

【技術編】①適用範囲、関係法令の基礎、活用への課題、②ドローンに関わる建築知識、③ドローンの制御技術・搭載機器、安全運用

【実用編】ドローンを活用した建築物の④施工管理、⑤調査における安全管理と計画・手順

448ヘルメット
ヘルメットに貼った終了シール。講習修了書と同時に大小2枚のシールも配布される。

  • マニュアル作成関係委員
    • 主査:宮内 博之 国立研究開発法人 建築研究所
    • アドバイザー :兼松 学 東京理科大学、楠 浩一 東京大学
    • 幹事:石田 敦則 三信建材工業(株)
    • 委員:青木 一道 (株)四門、 齊藤 晃紀 (株)四門、 酒井 学雄 (株)スカイスコープソリューションズ、戸澤 洋二 (一社)日本ドローン無線協会、二村 憲太郎 西武建設(株)、石塚 宏和 日本総合住生活株式会社

448プロポP2200740
プロポ(コントローラー)に貼られた小シール。

2018/09/18(火) 21:35:57|ドローン|


「BOUSUIデジタルアーカイブ」防水歴史図書館

我が国の防水の歴史を考察する上でどうしても欠かすことのできない文献が何冊かあります。
防水歴史図書館(BOUSUIデジタルアーカイブ)では、そんな文献を1冊ずつ選び、本が書かれた当時の様子、おもな内容、その本のどこが「すごい」のか、現在生きる人たちにとって、どんな価値があるのか、それぞれの資料を担当するキュレーターが、時には執筆関係者への取材を交えて、分かりやすく解説します。

  • 主な収録項目

特集ページ


本サイトの内容の無断転載、および無断利用を禁じます

Thanks for your visit   219454 since 24 April 2010

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional