「今の防水業界がこれでいいのか」「いい仕事をすること、社会的貢献をすることと、防水工事で利益をあげることは両立すべきだ」と考えるあなたに!

FrontPage

2018年4月30日号(№391) kagenn

2018年 卯月うづき平成30年、昭和93年、大正107年、明治151年

画像の説明画像の説明

近江神宮の銅屋根を見る

画像の説明

近江神宮は第38代天智天皇を祭神として祀り、琵琶湖西岸の天智天皇の古都・近江大津宮跡に鎮座する。>>つづきを読む

「ドローン×インフラメンテナンス」連続セミナーを開催

画像の説明

~第1回 ドローン関連政策・技術開発動向~
平成30年5月10日(木)}
インフラメンテナンス国民会議は、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、行政担当者や民間事業者等を対象とした「ドローン×インフラメンテナンス」連続セミナーを開催する。>>つづきを読む

絵日記

画像の説明画像の説明

新着ニュース

2018/04/20 やむにやまれず茅葺き修理という古民家再生
2018/04/20 平成30年 穀雨
2018/04/19 ロゲルギスト著「物理の散歩道」のこと
2018/04/18 近江神宮の銅屋根を見る
2018/04/17 「ドローン×インフラメンテナンス」連続セミナーを開催
2018/04/13 i-Constructionの建築分野への拡大を踏まえ活用方針を策定
2018/04/11 23回 R&R建築再生展 2018
2018/04/12 大阪屋上低速鉄道①
2018/04/12 百水の屋根の宝珠
2018/04/11 「日本の防水と雨仕舞の歴史館」コーナー
2018/04/09 「メタボリズムの原点を歩く」ワークショップ
2018/04/04 第2回建築ドローンシンポジウム
2018/04/03 天然アスファルトの道
2018/04/02 「アスファルトのイメージは白だよ」?!!!
2018/03/31 「施工と管理」銅屋根クロニクル-52-
2018/03/30 RCによく似合うモクレンの2方向拘束実験
2018/03/24 3月24日 お彼岸明け
2018/03/23 第3回 ジャパンドローン2018
2018/03/22 アンドシーラント100号 松本洋一氏追悼文
2018/03/22 無人航空機の飛行許可・承認手続がより便利に
平成30年、昭和93年、大正107年、明治151年 弥生 3月21日 春分の日
2018/03/21 ブロンズリーフというジャンル
2018/03/17 雨水活用で第42回水環境シンポ①
2018/03/17 ジブリ建築展 神戸
2018/03/16 梅切らぬバカ とはいうものの
2018/03/14 日新工業人事 2018年3月2日付け
2018/03/14 「大規模修繕工事 管理組合が知っておくべきこと(工事編)」
2018/03/12 ジャパン・ドローン 2018年3月22日~24日
2018/03/11 笠間の三蓮砲がトップページに
2018/03/11 本橋健司教授 最終講義 ①
2018/03/11 2018年3月11日
2018/03/09 静かな屋根
2018/03/08 積雪荷重の算定方法が変わる
2018/03/07 まめもらんだむ:孤独死とトライボロジー
2018/03/06 雨水活用建築ガイドラインの改定と雨水活用の最新情報紹介
2018/03/04 「施工と管理」銅屋根クロニクル-51-
2018/03/04 臺(つぼみ)をかじれば 桜か梅か
2018/03/03 まめもらんだむ20180303
2018/02/28 ピングラウト協議会32回定時総会
2018/02/24 防水の博士たち⑳ 本橋健司博士 その2
2018/02/24 ムッシュ猫柳
2018/02/23 もし、この世界にワラしかなかったら…
2018/02/23 2018年 如月 23日 上弦
2018/02/22 どうやこの屋根!new
2018/02/21 木造住宅の漏水・劣化リスク対策で5年間の成果報告
2018/02/20 稲わらの保存
2018/02/19 第5回リニューアル技術開発協会セミナー
2018/02/18 渡邊 光氏の瑞宝単光章を祝う会
2018/02/16 日シ工平成30年賀詞交歓会
2018/02/15 エフロマニア⑤
2018/02/13 縄文の家と笹の屋根
2018/02/12 世界茅葺き会議2017イギリス
2018/02/10 クラックマニア①
2018/02/10 鶴川絵日記20180209
2018/02/07 防水の博士たち⑲ 本橋健司博士 その1
2018/02/03 平成30年 全アロン防水組合関東支部 賀詞交換会
2018/02/03 東京でも根雪?
2018/02/02 2018年KRK新年会と講演会
2018/02/02 「施工と管理」銅屋根クロニクル-50-
2018/01/31 過熟梅月
2018/01/29 エフロマニア④
2018/01/29 防水技術者・技能員必携「防水施工法」
2018/01/24 各種屋根葺き材出荷動向(2006-2015年)
2018/01/22 JADAが「建築ドローン災害対応検討WG」を設置
2018/01/22 国総研が成果報告会
2018/01/21 ビワの枝が梅を支える
2018/01/20 2018年 大寒

 :
以前の更新情報はこちらをクリック!


ロゲルギスト著「物理の散歩道」のこと

かや葺き屋根はなぜ漏らぬ ~またがり流れ~

500ロゲルギスト
物理の散歩道全5巻 第5集 ロゲルギスト著 1972年5月27日、岩波書店
第1部 第2編「かや葺き屋根はなぜ漏らぬ」

屋根・防水・雨仕舞の知恵と技をテーマに週刊「ルーフネット」の配信を始めたばかりの頃、当時、建材試験センターに在職していた清水一郎さんに勧められたのがこの本だった。

各巻のカバー裏に、Logergistの意味とメンバーが記されている。
ロゲルギスト (Logergist) は、計測と制御の問題を中心に集まった物理学者の集合。特に、1950年頃から数十年にわたり、毎月集まって身近な物理現象から宇宙や生命現象、社会現象にまで及ぶ広範な話題を取り上げてな議論を交わし、その結果を踏まえて順次執筆・寄稿し、単行本にまとめられたのが、『物理の散歩道』である。1959年2月に雑誌『自然』(中央公論社)に掲載されたのが正式なデビューで、24年間にわたって連載されたエッセイは順次出版され、岩波書店・『物理の散歩道』シリーズ計5冊および中央公論社・『新 物理の散歩道』シリーズ計5冊となった。

メンバーは近角総信 (C)、磯部孝 (I)、近藤正夫 (K)、木下是雄 (K2)、高橋秀俊 (T)、大川章哉 (O)、今井功 (I2)、の7氏。
カッコ内の記号は、エッセイとして出版されるとき、各項目のまとめ役として、末尾に書かれるサイン。
例えば、第5巻第1部の「かや葺き屋根はなぜ漏らぬ」の末尾には(K)、とあり、これはこの項の編者が近藤正夫氏であることがわかる。

メンバーによると、当初「サイバネの会」などと呼んでいたが、扱う範囲がもっと広いため、新しい語を作ろうと議論し、ロゴスとエルゴンとを繋いで作った言葉「ロゲルギーク (Logergik)」という新語に決まった。発案者は高橋氏で、サイバネティックスにエネルギーの観点を加えた「情報とエネルギー」に関する理論体系をつくろうという当初の目標をあらわしたものという。

K博士が担当した「かや葺き屋根はなぜ漏らぬ」はp15からp32までである。

「水密でない茅葺き屋根が、どうして雨を通さないかが不思議」といわれる。しかしロゲルギストは「水密ではないけれども、雨は通さない」ことがなぜ不思議でないか、から検討を始める。様々な実験、立て板に水ー上面の流れと下面の流れ、棒を伝わる流れ、の実験を経て「またがり流れ」という考えに至る。

東海大学石川廣三名誉教授や東京工業大学田中享二名誉教授が行った「茅葺屋根の排水機構」に関する若いころの研究は、ロゲルギストのまたがり流れの検証を目的としたのだろうと思う。
田中先生は、雨仕舞の知恵をメンブレン防水に生かしたい、と語っていたことがある。この研究の思いは、千葉工大石原沙織准教授に引き継がれている。(続く)。

2018/04/19(木) 10:27:27|茅葺き文化|


「BOUSUIデジタルアーカイブ」防水歴史図書館

我が国の防水の歴史を考察する上でどうしても欠かすことのできない文献が何冊かあります。
防水歴史図書館(BOUSUIデジタルアーカイブ)では、そんな文献を1冊ずつ選び、本が書かれた当時の様子、おもな内容、その本のどこが「すごい」のか、現在生きる人たちにとって、どんな価値があるのか、それぞれの資料を担当するキュレーターが、時には執筆関係者への取材を交えて、分かりやすく解説します。

  • 主な収録項目

特集ページ


本サイトの内容の無断転載、および無断利用を禁じます

Thanks for your visit   201260 since 24 April 2010

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional