「今の防水業界がこれでいいのか」「いい仕事をすること、社会的貢献をすることと、防水工事で利益をあげることは両立すべきだ」と考えるあなたに!

FrontPage

2018年12月15日号(№422) 
画像の説明

2018年 師走しわす平成30年、昭和93年、大正107年、明治151年

画像の説明画像の説明

近江神宮宝物館に「燃土燃水献上図」展示(速報)

画像の説明

日本書紀に記された防水と石油の記述
小堀鞆音の歴史画
防水業界‣石油業界が、2015年近江神宮に奉納した小堀鞆音作「燃土燃水献上図」(レプリカ)が、このほど、近江神宮宝物館に展示された。>>つづきを読む

「メンブレン防水」ってどんな防水?

画像の説明

ルーファー必携の手引きと、面白い質問
初めて学ぶ もう一度学ぶ 金属の屋根と外壁
一般社団法人日本金属屋根協会 は同技術委員会が昨年作成したLLM「初めて学ぶ もう一度学ぶ 金属の屋根と外壁」とテキストに講習会を行ってきた。>>つづきを読む

絵日記

画像の説明画像の説明

新着ニュース

2018/12/08 ドローンスクール・屋根計算アプリなど利活用例を発表new
2018/12/07 日本アスだより194号new
2018/12/07 福 近江神宮熊手new
2018/12/05 近江神宮宝物館に「燃土燃水献上図」展示(速報)
2018/12/04 外壁目地防水の最先端技術でシンポ
2018/12/04 yanenikki 香取神宮拝殿
2018/12/01 「メンブレン防水」ってどんな防水?
2018/11/29 絵馬にも個人情報保護シール
2018/11/29 「施工と管理」銅屋根クロニクル-59-
2018/11/24 東京駅駅舎創建時の屋根の模型
2018/11/23 世田谷次太夫堀公園民家園 手作り市
2018/11/22 ダンパーの赤備え
2018/11/21 ビッグイシュー 347 11月15日号
2018/11/20 東京 橋と土木展
2018/11/20 絵日記20171120
2018/11/20 え?みなさん御存じないんですか?
2018/11/17 住宅相談統計年報 2018
2018/11/16 AIJシンポ「長寿命化建築を目指した外壁目地防水の最先端技術」
2018/11/14 第45回 日新工業設計コンペ表彰式
2018/11/14 コンペ表彰式の朝
2018/11/13 まるで、アザラシの背に鋭い剣先
2018/11/13 2017年メンブレン防水・シート防水のシェア
2018/11/12 急こう配のトンネル
2018/11/12 2017年住宅相談と紛争処理の状況
2018/11/10 大阪で国内初の建築ドローン安全教育講習会実施
2018/11/10 平成30年度KRK研修会
2018/11/03 マンション管理基礎セミナー
2018/11/03 第3回日韓協同セミナー
2018/11/01 ウレタン防水出荷量2018年1月~9月
2018/11/01 借景と断層
2018/10/31 有形登録文化財軌道床版のEXPJ
2018/10/30 滋賀県防水工事業協会平成30年度通常総会
2018/10/29 国交省第22回社会資本メンテナンス戦略小委員会
2018/10/29 屋根の虹
2018/10/28 「施工と管理」銅屋根クロニクル-58-
2018/10/28 鶴川絵日記20181028
2018/10/20 2018年度新聞広告クリエイティブコンテスト
2018/10/19 ミツバアケビの大きな実
2018/10/14 第8回ロボット大賞にドローン、床仕上げロボなど
2018/10/14 2018 甲州の稲刈
2018/10/12 「建築地下外防水の設計と施工の考え方」で講習会(追加)
2018/10/11 施工能力等の高い専門工事企業の適正な評価を目指して
2018/10/11 第11回 くまもり東京シンポジウム
2018/10/11 平成30年10月(大の月)神無月9日新月
2018/10/09 小谷村でカリヤス茅刈り技能研修・茅刈り茅葺き体験研修
2018/10/09 乾式浮床仕上げ工法 システムがグッドデザイン賞 受賞
2018/10/08 文化庁「選定保存技術」認定書交付式で認定書を授与
2018/10/08 金の成る木
2018/10/07 ルーファの性(さが)
2018/10/04 「施工と管理」銅屋根クロニクル57 近江神宮(1)
2018/10/01 マンション防災・大規模修繕で基礎セミナー
2018/09/30 “空飛ぶクルマ”の実現に向け、官民でロードマップ作成
2018/09/30 katatsumuri
2018/09/29 日本の建築ストック総面積は77億㎡。うち住宅は57億㎡
2018/09/29 屋上苔園
2018/09/28 建築物リフォーム・リニューアル調査報告(平成30年度第1四半期受注分)
2018/09/27 建築学会が「地下防水の考え方」示す
2018/09/24 奥のみず道⑰
2018/09/24 植栽は管理の盲点
2018/09/24 平成30年(2018)9月24日 中秋の名月
2018/09/22 NPOリ協が第16回管理組合セミナー
2018/09/22 きんもくせい
2018/09/20 高池葉子氏の「石と屋根」東京・京都で展示
2018/09/20 ガイアの夜明け に 柿崎 隆志さん
2018/09/18 JADAが国内初の建築ドローン安全教育講習会実施
2018/09/13 「奥のみず道」第18回は雨漏り三博士のお話し
2018/09/11 「多能工モデル事業」の支援対象9案件を選定
2018/09/09 優秀卒業論文・優秀修士論文を表彰
2018/09/09 重陽の節句
2018/09/08 松本洋一さん追悼文集
2018/09/08 バベルの塔のモデルとなったジグラット
2018/09/08 鶴川絵日記 29180908 白露
2018/09/07 PD 建築防水の改修工事における現状と将来
2018/09/04 学会大会で防水アーカイブズに関する研究発表
2018/09/03 世界初?ウレタン防水材のストラップ

 :
以前の更新情報はこちらをクリック!


外壁目地防水の最先端技術でシンポ

「外壁目地防水~仕様規定から性能設計へ」
AIJシール材性能設計指針小委員会

AIJ 外壁目地シンポ山田

日本建築学会材料施工委員会は、2018年12月3日(月)13:00~17:00、建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)で、建築物の長寿命化における外壁シーリング目地の重要性と、長寿命のための設計、施工、維持管理、余寿命診断などの最新技術を報告するシンポジウムを開催した。参加登録者120名、関係者を含めて140名が参加した。

テキスト
テキスト

冒頭、シンポジウムを主催した、日本建築学会材料施工委員会防水工事運営委員会シール材性能設計指針準備小委員会・山田人司主査が、同シンポを企画した背景、狙いなどを次のように説明した。

山田主査

「建築物の長寿命化は実現するためには接合部においても目地設計から材料選定、施工、維持管理までの建物のライフサイクル全般で的確な対応が必要となる。外壁接合部を構成するシーリング目地の長寿命化には、シーリング材の適切な性能評価とその評価に基づく性能設計の適用が欠かせない。2009年にシール材性能設計研究小委員会が設置され2012年「外壁接合部の目地防水における性能設計に向けて」シンポジウムでその成果が公表された。

600.jpg
(画像をクリックすると拡大します。)

今回のシンポジウムでは、外壁目地防水の性能設計の確立を目指して活動してきたと小委員会の成果である「シーリング材を使用した目地防水における性能設計指針(原案)」や評価方法に関する提案など、さらにはドローン活用技術、改修工事、余寿命予測などの最新技術も報告される。」

また当日は、建築物の長寿命化とそのための診断・維持管理の社会的な動向を概観するために、2テーマの基調講演が行われた。

藤本

基調講演1 「建築市場の動向と長期使用時代の建築保全のあり方」

(藤本秀一:国土技術政策総合研究所)

国総研住宅研究部住宅計画研究室長の藤本室長が、データを示しながら地方公共団体の実情や公営住宅ストックの維持管理の実態を報告。公営住宅ストックのの長寿命化等、戦略的なストックマネジメントのあり方を展望した。また公営住宅の法定耐用年数は60年であるが、この時点で、壊していくことにはならないだろう。特に強度が残っているRC造に関しては、中性化対策として防水を施したうえで、水と空気を遮断し、建物の延命化を図ることになるだろう。その意味で「防水を制する者は保全を制する。といってよいだろう」と締めくくった。

伊東

基調講演2 「顧客から見た性能設計・施工・保全への提言」

(伊東昭博:伊東外装計画事務所)

森ビル入社後、外壁箱改修工事を20年間、その後新築ビルの外装を20年間担当してきた伊東昭博氏が、落下事故や汚染などの経験を通して、①材料が良くとも納まり、施工が悪いと性能は出ない、②施工条件を確保しないと良好なシールは打てない、③打ち換えを前提に納まりを検討すべき、④納まり図面の保管、⑤打ち返しないほうが良い場合、⑥シーリング材を使用しない工夫…など、「嫌がられることを承知で話します」と、多くの具体例を示しながら報告した。

委員会報告は以下の通り

委員会報告
(画像をクリックすると拡大します。)

2018/12/04(火) 08:33:08|ニュース|


「BOUSUIデジタルアーカイブ」防水歴史図書館

我が国の防水の歴史を考察する上でどうしても欠かすことのできない文献が何冊かあります。
防水歴史図書館(BOUSUIデジタルアーカイブ)では、そんな文献を1冊ずつ選び、本が書かれた当時の様子、おもな内容、その本のどこが「すごい」のか、現在生きる人たちにとって、どんな価値があるのか、それぞれの資料を担当するキュレーターが、時には執筆関係者への取材を交えて、分かりやすく解説します。

  • 主な収録項目

特集ページ


本サイトの内容の無断転載、および無断利用を禁じます

Thanks for your visit   227532 since 24 April 2010

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional